東京では医師は稼げない?

収入の落差が極端なドクター事情

極端なドクター事情

医師のお給料問題

医師、と聞くと、一般的には弁護士と同様、年収が軽く1000万円を超えるエリート職だと思っている人は多いと思います。 例えば豪かな庭付きの一軒家や高級マンションに住み、奥さんやお子さんはお金の苦労とはかけ離れた生活をしていて、 外車に乗り、政治家や資産家さんたちのパーティに呼ばれたりするような、普通ではちょっと考えられないような豪華な暮らしぶりを思い浮かべてしまうのではないでしょうか。

全国の医師の収入平均を見てみると、月給平均はおよそ85万円(年収1000万円弱)。 ボーナス平均は75万円。月給+ボーナスで1100万円程度ということになります。 一般的なサラリーマンの年収が400~500万円程度ですから、およそ2~3倍近いということですね。 しかしこれはあくまでも平均値。例えば大学病院勤務の研修医の場合は、年収が300~400万円程度で、 サラリーマンとの差はほとんどありません。もしかすると、年齢によってはサラリーマンより劣る場合もあるということ。 また研修終了後、そのまま大学病院に残ることを決めると、年収は30代でおよそ500~600万円になるそうですが、 これは看護師の年収とも、役職持ちのサラリーマンの年収とも差がなく、ごくごく普通の収入という結果に…。

地域によっても収入が異なる

東京から出なさい!

実は東京都内での医師の年収は800万円程度。他地域の医師に比べるとかなり低くなっています。 業界内では深刻な医師不足ではありますが、東京都内では逆に医師が溢れているという極端な状況。 沖縄や北海道の田舎など、本当に医師が不足している地域へ行けば、年収は一気に1500万円代にまで跳ね上がるのです。 とにかく多くの収入を得たい、家族や両親に贅沢な暮らしをさせてあげたい、老後のためにお金を貯めておきたい、 開業するための資金を貯めたいなどと考えている方は、まず東京や大阪などの大都市を出て地方に行くこと。 そこで転職支援サイトが役立ってくれるというわけです。

地方の求人情報と言うものは、いくら都心にいてもなかなか入手できません。 ハローワークでも、求人雑誌でも、多くは地域近郊の情報しか掲載しないものですからね。 その点、ネットを利用した求人サイトなら、どこにいても全国各地の求人情報を見ることができます。 また転職や就職支援サイトの場合、独自に入手した非公開求人を多く抱えていることもあり、 自分ではとても探せないような高待遇・高条件の案件を紹介してくれる可能性がきわめて高いです。 収入の面だけでなく、子供を自然の中で育てたい、40代を過ぎたのでもうすこしのんびりした診療をしたいなど、 体調やライフスタイルに合わせた職場探しができますよ!

転職の裏話

極端
巨万の富を築くドクターと貧乏ドクター
単独
1人で活動すると次から次へと問題が!
公務員
革新的な技術で世の中を動かす企業を目指す
女性
最新技術と自然との調和を目指して