医師だって人間!様々な事情を抱えている

単独で転職活動をする場合

単独で転職活動をする

非常に難しい!

そもそも医師って、転職するものなの?と、多くの人が疑問に思うことでしょう。 病院へ行けばよく、いつもの先生が学会や体調不良でお休みなので、本日は臨時の先生です……という話を聞くことがありますが、 その「臨時の医師」というものがアルバイトであるという認識すらありませんでした。 医師と言えば病院に永久就職するものであり、患者として通う場合は死ぬまで同じ先生に診療してもらえるというイメージを 持っているのは、私だけではないはずです。

しかし医師だって人間であり、病院は職場です。 サラリーマンやOLがパワハラやセクハラ、マタハラなどにより精神的な苦痛を感じ、転職を繰り返したりすることはすでに日常茶飯事のような 世の中になっていますから、当然病院内での人間関係にだって、問題があって当然でしょう。 しかし辞める3ヶ月くらい前に辞職届を出せば80%の確率で受理される一般職と違い、医師の場合はすんなり辞めさせてもらえない ことが多いようです。

それにはやはり上記したようなイメージを患者側が持っているからであろうと思います。 あの先生がいなくなるなら、もうこの病院へは来ないわ、とか。 先生が転院するところの病院に通おうなどと思う人も少なくないはず。 患者数の減少は病院の経営に直接響く問題ですし、 特に人気があったり信頼が厚く、慕われている医師ほど、おいそれと転職出来ないのが現実なのです。

それでもどうしても転職したい

様々な事情を抱えています

転職が難しいと分かっていても、例えば加齢に伴う体力の低下から、これまでと同じ働き方を続けられくなった場合や、 どうしても実家で両親と暮らす必要がある、子供の将来のために都会から出て田舎へ行きたいなど、 人はそれぞれ事情を抱えているものです。 転職が避けられない場合は、単独で転職活動をしたり、独自の考え方で動くよりも、転職支援サイトを活用するべきでしょう。 本人が直接上司らと顔をつきあわせて交渉を行っても、突き返されるだけですが、 支援サイトのエージェントやコンサルタントたちには、長年の交渉経験と最大の切り札を持っているため、 医師の転職をよりスムーズにすることができます。

彼らの切り札とは、つまり、豊富で多彩な人材紹介が可能である点。 本人がいくら辞めたいと言っても、後任についての考えがない場合は、当然病院側もすんなりそれを認められません。 しかし支援サイトを利用することで、例えば現在の医師よりもキャリアや知識、経験が高く、より高度な診療が出来る医師を 代わりに紹介しますという提案&交渉を行うことが可能なのです。 これにより、単独で転職活動を行うよりもスムーズに、トラブルなく願いをかなえることができますね。 さらにこれらの支援サービスはすべて無料。利用しない手はありません。

転職の裏話

極端
巨万の富を築くドクターと貧乏ドクター
単独
1人で活動すると次から次へと問題が!
公務員
革新的な技術で世の中を動かす企業を目指す
女性
最新技術と自然との調和を目指して