待遇や給料が良いというけれど本当なの?

公務員としての働き方

公務員として働く

役職がなくても高給取り!

女性の中にも、結婚するなら公務員の男性がいいと考えている人はまだまだ多いはずです。 民間企業への就職とはことなり、待遇が手厚く、手当も多く、ボーナスの金額は民間企業の3~10倍。 また滅多なことではリストラされないため、年金を貰うまで安定した生活をすることができる点が何より魅力です。 公務員と聞くと、マジメで知的なイメージもまだまだあります。 医師と言えば、公務員とは関係のない職業のように思いますが、国立・県立・市町村立の病院に勤めるとこれに値します。 一般的な病院の多くは個人病院ですので、そこが自分の病院ではない限り、雇われていることになるわけですから、 サラリーマンと同様、会社員という扱いが近いでしょう。

公務員として働くことと、個人病院で働くことと、どちらが有利であるか?については答えを出すことが出来ません。 地域によっても、その病院の規模や形態や財政状況によっても、医師の待遇や収入には違いがあり、公務員として働くよりも よほど良い待遇を受けていることもあるからです。 しかし一般的に給料の金額だけで比べると、公務員として働く場合、病院内で何かの役職についていなくても、 年収は1400万円を超えると言われていますし、医長などに抜擢されると1600万円越えもあるそうなので、 より高給取りであるという印象はありますね。

公務員のメリット

退職金や年金

公務員であるということは、公務員向け住宅などを安く購入したり借りることができることが考えられます。 また年金の金額が高いこと、公務員向けの共済年金などへの加入が出来るため、さらに年金を多くすることも可能。 その他はやはり諸々の諸手当が多い点などがメリットになるでしょう。 ただし、様々な方の改正により、公務員は永遠の安定職だと言われていた時代はすでに終わっています。 一般職の場合でも、大手企業に正社員として勤めるよりも、起業して大儲けする人も出てきています。 公務員で働くことが、他の働き方よりも良いというわけではなく、ただ現状の給料が800万円以下であるならば、 地方に出たり、無理に開業するよりも、公務員を目指す方が賢いかもしれないという程度です。

その他、常勤として働いてる医師たちのおよそ6割が、通常勤務の他にアルバイトとして非常勤もこなしているということもあります。 より多くの収入を得たいと考えているのであれば、待遇の良いところへの転職が一番手っ取り早いですが、 転職支援サイトなどでは非常勤の求人も豊富ですから、無理のない程度でアルバイトをするのも良い手段だと思います。 場合によっては、常勤での給料よりも、アルバイトの方が高い場合もありますよ!

転職の裏話

極端
巨万の富を築くドクターと貧乏ドクター
単独
1人で活動すると次から次へと問題が!
公務員
革新的な技術で世の中を動かす企業を目指す
女性
最新技術と自然との調和を目指して