やはり育児との両立が難しいようです

女性医師の転職事情

女性医師の転職

女性がいい!という声

女性の場合は特に、病院の医師が女性だったらいいなぁと思うことが良くありますよね。 内科へは風邪を含め、人生の中で度々通う機会があるものですが、診療の際、下着や胸を見られるのが男性医師では恥ずかしいと感じる人も多いでしょう。 産婦人科や美容外科の場合は特に、診察の場合でも相談の場合でも醜態をさらしてしまうわけですから、 女性医師である方が嬉しいでしょう。 このように考えている女性は非常に多く、女性医師がもっと増えてくれることを私も常々願っています。

恥ずかしい……と感じることの他に、女性医師がいいなと感じるのは、とにかく対応がきめ細かいこと。 同じ女性であるからこそ、分かってもらえる辛さや傷みがあるのは確かですし、同性い言われるからこそ胸にぐっとくる言葉や、 説明があることも確かです。 女性医師と言えば、美容系の医師がすぐに注目を集めますし、あの華やかな世界に憧れて美容外科を希望する 方も少なくないと思いますが、願わくば、一般の内科や小児科の先生としての女性の活躍を期待したいところですね。

女性医師が少ない理由

子育てが難しい!

ではなぜこんなにも女性医師が少ないのでしょうか? それはやはり結婚後、育児や家事との両立が上手くいかない点にあるかと思います。 例えどこの家の母親であっても、自分の家庭や子供をないがしろにしてまで、他人を救いたいとは思いませんよね。 小さい子供を安心して預けられる環境、また緊急の仕事が入った場合にも子供を気兼ねなく預けられる環境、 子供に寂しい思いをさせないための待遇などが揃っていない限り、結婚・出産・育児と医師職との両立は非常に厳しいものなのです。

最近は「イクメン」などの言葉が流行し、女性が仕事に、男性が主夫になるという家庭もあるそうですが、 これだけの先進国でありながら、日本にはまだまだ「女性は家事をするべき」「男は外で働くべき」という考え方が非常に強いです。 多くの女性たちが医師免許を取得し、私たちが普段からよく見かけるお医者さんが女性であるようになるには、 国の制度や民衆の考え方などから根本的に変えていく必要がありそうですね。 ともあれ、医師不足の中でもさらに、ニーズが高いにも関わらず不足しているのが女性医師です。 転職を希望する場合は、男性医師をもしのぐかなりの好条件での転職が実現できますよ!

転職の裏話

極端
巨万の富を築くドクターと貧乏ドクター
単独
1人で活動すると次から次へと問題が!
公務員
革新的な技術で世の中を動かす企業を目指す
女性
最新技術と自然との調和を目指して