IT系職の第一歩となる基本職

システムエンジニアになる!

システムエンジニア(SE)への転職

IT業界の代表的な職種がSE

IT業界への転職を考える場合、特に経験が浅い人はシステムエンジニア(SE)からスタートすることも多いです。これまではソフトウェア開発のための専門家、というイメージが強かったのですが最近ではあらゆる分野で活躍しています。ただ単純にプログラムによる開発さえ行っていれば良いわけではなく、情報収集や分析、さらには導入プロセス、マネジメントなど幅広い能力が求められるようになっています。また、業界や企業によってSEの仕事内容は千差万別です。そのため、ただ漠然とSEに転職すると考えるのではなく、どのような仕事をするSEを目指すのかをハッキリとさせることが重要です。

SEはとても幅広い業務内容が任されているため、キャリアパスが豊富です。一般的に入社した後はプログラマーとして働いてある程度の技術を身につけていきます。そこからSEにステップアップして、スペシャリスト、プロジェクトマネージャー、コンサルタントといったキャリアパスを描くことになります。より高い技術や専門性を身につけるスペシャリストを目指すのも良いですし、システム開発をよりスムーズに行っていくためのプロジェクトマネージャーとしてチームをまとめるのも良いです。また、豊富な経験と実績を持っていればコンサルタントとして活躍することも可能です。

SEへの転職に役立つ資格

基本情報技術者や応用情報技術者が有利

SEへの転職に有利になる資格は基本情報技術者、応用情報技術者などが挙げられます。これらの資格は高度なIT技術者としての証明となるものなので転職に有利になるだけでなく、その後のキャリアパスにも大きな助けとなります。その他にも、プロジェクトマネージャーの資格を持っていればチームを総括する立場を目指しやすくなります。実はSEだけに限った話ではありませんがIT業界は経験や実績の方が資格よりも重視されている傾向にあります。そのため、どのような企業で働くのか、どういったプロジェクトに関わったのか、の方が資格よりも有利になることの方が多いです。

SEは中小企業のいわゆるベンチャーから大企業まで幅広く求人しています。どちらも優れた技術が必要なことに違いはありませんが、新しい技術を積極的に取り入れたい、これまでになかった新しいサービスを提供したい、という方はベンチャー企業の方がむいているともいわれています。もちろん大企業に転職することができれば充実した待遇が期待できるので生活の安定を優先させたいのなら大企業への転職にチャレンジしてみるのも良いでしょう。いずれにせよSEは給料が高いとはいえないため、早い段階からキャリアプランを立てていくことが大切です。

ITの転職先

ネット
エンジニアには他にも様々な種類があります
ミドル
通信や動画をサポートするソフトウェア職です
事業
スキルと知識とアイデアと熱意があれば可能?
デメリット
転職先として起業することを選ぶのは間違い?