サイト運営の中心核となる職業

ネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアへの転職

情報通信のコアとなるネットワーク構築のスペシャリスト

ITスペシャリストのひとつで転職先としても人気の高い「ネットワークエンジニア」はネットワーク構築と運用の核を担う重要なIT職種です。現在の日本の企業はネットワーク無しにはまともに機能することすら難しいほど依存しています。そのスペシャリストとして活躍しているのがネットワークエンジニアです。企業内の情報システムのネットワークシステムの構築や運用を担うだけでなく、常に進化し続けているネットワーク技術に対するリアルタイムの対応力も求められます。また、ネットワークエンジニアはチームを組んでプログラマーやSE、データベースエンジニアとの連携も求められるためコミュニケーション能力の高さも転職において重視されています。

もちろんネットワークに関する技術と知識が必要不可欠ですが、Windows、UNIXといった様々なプラットフォームを扱う知識も必要となります。IT職種自体が論理的思考能力が不可欠ですが、ネットワークエンジニアは他よりもさらに論理的思考能力を求められる傾向にあります。コツコツと作業に取り組む根気強さや、正確な作業を繰り返すだけの集中力も重要です。転職に役立つ資格としてシスコ技術者認定、Solaris 認定、LPI 認定、ネットワークスペシャリストなどが挙げられます。また、最終的なキャリアプランとしてITコンサルタントやITコーディネーターへの道もあります。

データベースエンジニアへの転職

より快適なデータベースの構築で情報通信をスムーズに

ネットワークエンジニアと並んで転職人気の高いITスペシャリストに「データベースエンジニア」が挙げられます。こちらはデータベースを正しく設計していかにスムーズな情報通信ができるようになるかを担うIT職種です。もちろんデータベースの設計だけでなく、日々のメンテナンスやチューニングまで一貫して携わることになり、クライアントの高速サーチ実現はネットワークエンジニアに関わっているといっても過言ではありません。現在に置かれている状況に対応するだけでなく、将来的に効率よく運用できる設計と開発が技術者としての評価に直結します。

データベースエンジニアが転職先として選ばれている理由のひとつに、webサービスの拡大が挙げられます。最近では各企業のデータベースとwebサーバーとの連携が一般化しています。そのためより快適なwebサービスの提供はデータベースエンジニアにかかっているといって過言ではありません。また同時にセキュリティ技術にも精通することが求められるので業務内容は比較的幅広いものになります。取り扱う内容がコアな専門知識を必要とするものなので様々な現場が転職先として候補に上がります。応用情報技術者、データベーススペシャリスト、オラクルマスターなどの資格を持っていると転職がより有利になります。

ITの転職先

ネット
エンジニアには他にも様々な種類があります
ミドル
通信や動画をサポートするソフトウェア職です
事業
スキルと知識とアイデアと熱意があれば可能?
デメリット
転職先として起業することを選ぶのは間違い?