通信や動画再生に欠かせない存在

ミドルウェアエンジニアになる!

ミドルウェアエンジニアへの転職

今IT業界で最も注目を集めるミドルウェアエンジニア

IT職種の中でも今一番注目を集めているといっても過言ではないのが「ミドルウェアエンジニア」です。実際に転職先としても人気が高く、今後はますます需要が高まっていくことが考えられます。ミドルウェアはハードウェアとソフトウェアの中間を表しており、通信関係や動画再生などをサポートするソフトウェアとなります。インターネットの普及やスマホの一般化など様々な要因からミドルウェアエンジニアの求人情報が増えています。また転職先として人気の理由のひとつに汎用性が高いため一度身につけた知識や技術が他の職場でも通用することが多い、という点も挙げられます。

ミドルウェアエンジニアは興味のある分野に特化した方がキャリアプランを築きやすいと言われています。例えばゲーム業界、web業界が代表的ですが、もちろんこれらだけでなく、一般企業でも重要とされています。複数の言語知識、OSのスキルを持ち合わせることで将来のキャリアの幅を広げられるのも特徴だといえます。基本情報技術者、応用情報技術者、SunJava認定、XMLマスターといった資格を持っているとより転職に有利になると言われています。もちろん他のIT職種と同様に実績や経験も転職において重要視されているのでしっかりと自己PRができるようにキャリアを重ねましょう。

組込システムエンジニアへの転職

システム開発のスペシャリスト組込みシステムエンジニアを目指す

組込みシステムエンジニアはSEスペシャリストのひとつとして人気の転職先です。商品が正しく作動するためのシステム開発を行うことが職務となります。現在市場に出回っている家電製品、自動車などほぼ全てのものにプログラムが組み込まれています。これらの機能をより充実させたり、クライアントが求めているものを実現させるのが組み込みシステムエンジニアの役割となります。従来のSEと違う点として、機器の動作環境を考慮した上でシステムの設計と開発をしなくてはなりません。そのため、IT技術者としての知識と技術はもちろん、力学や物理の知識が必要になることも珍しくありません。まさにトータルなものづくりに関わるプロフェッショナルです。

組込システムエンジニアへの転職を考えている場合、複数のプログラム言語を習得していた方がより有利になります。また、従来の仕事とは異なる点も多いため根気強く取り組む必要が出てくることも。そのため新しいことに対して積極的に勉強ができる方が求められる人材像となっています。組込システムエンジニアにも様々な仕事があるので、自動車、家電、携帯電話など自分の興味のあるメーカーの求人情報を探してみてはいかがでしょうか。役立つ資格として応用情報技術者、エンべデッドシステムスペシャリストなどが挙げられます。

ITの転職先

ネット
エンジニアには他にも様々な種類があります
ミドル
通信や動画をサポートするソフトウェア職です
事業
スキルと知識とアイデアと熱意があれば可能?
デメリット
転職先として起業することを選ぶのは間違い?