提案力が身に付く職業

セールスエンジニアになる!

セールスエンジニアへの転職

クライアントに自社のITサービスの交渉を行う会社の顔

IT業界で働く人の中でも特に営業スキルが高い人に適している転職先に「セールスエンジニア」があります。こちらは開発を担当するSEの仕事だけでなく、クライアントとの交渉段階から活躍する職種になります。ITコンサルタントやITコーディネーターと非常に近い立ち位置だと言えるでしょう。そのため、今はSEとして働いているけれど、セールスエンジニアを経てITコンサルタントやITコーディネーターを目指していきたい、というキャリア志向の高い方から人気の高い転職先だといえます。

セールスエンジニアの仕事は顧客の問題点を引き出し、ITをどのように導入することで問題解決ができるのか、運営最適化を図れるのか「提案する」ことが最重要項目となります。そのため、ITに関する深い知識と技術はもちろんのこと、クライアントの問題点を分析できるビジネススキル、そして円滑に営業を進めていくためのコミュニケーション能力が問われます。会社の顔として働く事になるため、責任も重大です。その分一般的なSEと比較すると給料をはじめとした待遇が良く、キャリアアップも目指せることもあって若いSEから特に人気があります。基本情報技術者などの資格を持っているとより転職に有利になるとされています。

サポート・カスタマーエンジニアへの転職

クライアントに快適と便利を提供するIT職業

SEのスペシャリストのひとつであるサポートエンジニア、カスタマーエンジニアもまた人気の転職先です。これらの仕事は主にクライアントのニーズに応えるための業務を行っています。例えば、セールスエンジニアがクライアントに導入した情報システムに問題がないかチェックしたり、より快適に利用できるように改良を加えることが仕事となります。万が一システム障害などが起こった場合に原因を特定したり、正しい使い方をアドバイスする立場でもあります。サポートエンジニア、カスタマーエンジニアは問い合わせやクレームも受けとめる職種になるため優れたコミュニケーションスキルと問題解決能力が必要不可欠です。当然それを裏打ちする技術と知識も重要となります。

一流のサポートエンジニアやカスタマーエンジニアは問題解決を行うだけでなく、次のビジネスにつなげることにも貢献しています。ですのでセールスエンジニア的な側面も持ち合わせています。基本情報技術者、ITサービスマネージャなどの資格を持っていると転職しやすくなります。もちろんこれらのSEスペシャリストに転職することでITコンサルタントやITコーディネーターへのキャリアパスに繋がるため、ステップアップのひとつとして転職先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ITの転職先

ネット
エンジニアには他にも様々な種類があります
ミドル
通信や動画をサポートするソフトウェア職です
事業
スキルと知識とアイデアと熱意があれば可能?
デメリット
転職先として起業することを選ぶのは間違い?