長く継続していけるような準備をしましょう

新しい事業を始めて起業する

新しい事業を始める

必要な資金を考える

起業とは新たな事業を手がけることであり、創業と呼ばれることもあります。また、これを行う人のことをアントレプレナーと呼んでおり、日本に比べて米国や台湾などにはたくさんのアントレプレナーがいるということです。新たな事業の誕生については、第二次世界大戦後の日本において終戦後と高度経済成長頃に活発となり、バブル経済崩壊後は減少傾向にありましたが、インターネット・バブル以降に情報関連企業が増えた時期もあります。

また、独立性・新規性・開発志向・成長性を有する事業のことをベンチャーと言い、1970年代に第一期ベンチャーブーム、1980年代には第二期ベンチャーブームがあったということです。最近では経営スキルを向上させるためのアントレプレナーの教育が行われるようになっており、資金力や経営ノウハウの乏しい時期において援助を受けることができるなど、その支援体制は少しずつ整ってきています。形式的には資本金1円から株式会社の設立が可能となっていますが、業種によっては最低資本金の制限が存在しますし、登記など資本金以外の費用も20万円以上かかるようになっています。

IT系は廃業率も高い

3年以上続けられる人が少ない

また、創業したばかりの企業に資金を供給するという税制の優遇措置が行われたこともあります。日本においては生涯にわたり企業や官公庁に雇用されることを希望する人が多く、資金調達が難しいことや経営に失敗すると個人として多額の借金を負う可能性があることなどから、起業を目指す若者が少ないとされています。それ以外にも、資金調達が銀行などの間接金融中心となっていることに原因があると考えられることもありますが、アントレプレナーが現れなければ起業が活発になることはありません。

日本では近年、IT系の新しいジャンルで起業する人が目立っていますが、その中で3年以上事業を続けられる人は20%未満であると言われています。 IT系の進化が目まぐるしく、対応しきれなくなったり、新しくて効果があると考えられていた方法がすぐに使えなくなってしまうことが多発しているせいもあります。 目先や小手先だけのスキル・知識では事業を継続していくことが難しいのは、IT業界に限ったことではないはずです。 これから転職も兼ねて事業を展開しようと考えている方は、どのような時代やシステムの変化にでも耐えられるだけの準備を怠らないようにしてください。

ITの転職先

ネット
エンジニアには他にも様々な種類があります
ミドル
通信や動画をサポートするソフトウェア職です
事業
スキルと知識とアイデアと熱意があれば可能?
デメリット
転職先として起業することを選ぶのは間違い?