業界内での転職に対しては門扉が広い!

未経験からIT系へ転職

未経験からIT系へ転職

未経験でもIT業界に転職できる人材とは

トップイメージ
プログラミングなどITに関する仕事の経験は無いけれどプログラマーになりたい、IT関連の仕事に就きたいという希望を持っている方も多いです。しかし、未経験の場合だとどのようにすれば転職できるのか分らないと不安になっている方も多いです。様々な転職サイトの求人情報をチェックしてみると、業界未経験の方でも積極的に採用しているのがIT業界の魅力だと言えるでしょう。やる気がある人、積極的に仕事に取り組める人、継続的に頑張れる人といった単語が目立つようです。もちろん未経験での募集をしているわけですので、プログラミングができる必要はありません。とはいえ、多少は知識を持っていた方がより有利になるのは間違いないでしょう。

業界未経験の人に求める人材像は「プログラミングの技術を身につけられるように一生懸命頑張れるか」「これまでのキャリアを活かした仕事をこなすビジョンを描けるか」といった点が重要視されています。また日進月歩の世界なので新しい技術に対する柔軟性も大切。IT業界も様々な仕事がありますが、いずれの場合もユーザーのニーズがあってそれを実現するためにシステムを作っていきます。ですので、コミュニティー能力の高さやヒアリング能力の高さなども転職における大事なポイントのひとつだと言えるでしょう。

IT系の転職ならこのサイト!

リクルートエージェント
医療系・外資系・IT系の転職サイトを運営するリクルート。UターンやIターン者の転職、マネージャーへの転身など幅広い案件内容と確かな実績、丁寧なサポートを兼ね備えています。
WORKPORT
IT系をおよそ13種類のジャンルに分け、職業別の転職&求人を掲載しているサイト。各職共に少なくとも200以上の案件があるため、なりたい職業への転身がスムーズに行えます。
インテリジェンスの派遣
IT系の職種で<派遣>として働くための転職サイト。他サイトでは就職での取り扱いしかない中、ここでは派遣なので短期間で複数の企業を経験することが可能。スキルアップに!

未経験からのITへの転職は志望動機をハッキリと

実績や経験を仕事へと重ねる

未経験からIT業界への転職は「どうして今の仕事を辞めてIT業界に転職したいのか」にスポットが当たります。もちろん人それぞれ志望動機はあるでしょう。給料が良さそう、時代の最先端を走るかっこいいイメージがある、など漠然としたイメージだけではまず採用されることはありません。しかし志望動機がしっかりしており、仕事に対しての熱意が伝わればたとえ未経験だとしても採用されるチャンスが広がります。志望動機については書類選考や面接でしっかりとアピールしていくことが大切です。どうして今の仕事を辞めてまでIT業界に入りたいのかは必ず答えられるように準備しておくべきです。

ある程度志望動機が出来上がってきたら、それを裏付けるエピソードをこれまでの実績や経験と重ねていきましょう。例えば、現在の仕事でキャリアアップを目指すために資格を色々と取得したとしましょう。そのために一生懸命勉強したことをアピールすればIT業界に飛び込んでも勉強することができる、というアピールにつながります。また今の仕事に対してどのような取り組みを心がけているのかも大切。IT業界は思っている以上にコミュニケーション能力が重要視されています。まして転職する以上はプログラマーとして活躍するだけでなく、チームをまとめるマネージャー的な立ち位置が期待されることもあります。これらを裏付けるエピソードがあるなら盛り込んで見るのも良いでしょう。

ITの転職先

ネット
エンジニアには他にも様々な種類があります
ミドル
通信や動画をサポートするソフトウェア職です
事業
スキルと知識とアイデアと熱意があれば可能?
デメリット
転職先として起業することを選ぶのは間違い?